電話受付応対大切さの理解


電話応対部隊は戦略要因となりうる!

ヒューマンバリュー



電話受付応対

【電話受付応対マニュアル】






はじめに


我々の○○業界は、とりわけ顧客変動(取合い)が激しい業界で、新規獲得をしても取引が何年も続くとは限りません。
それは何故か、理由は・・・・。
----------------中略-------------------
社内の電話受注応対はその中でもお客様と特に接点の多い仕事をしています。 つまり、単に電話で注文を取っているということとは違うということを理解してください。
電話の応対やクレーム時の対応が悪いのをお客様は口には出さずにじっと我慢している場合もあるのです。そんな時、競合相手がセールスに行けばひとたまりもなく「中止」になってしまうのです。
営業マンは一つの事業所を取るのに、お客様からは「いらない」「おたくは駄目だよ」などといった罵声を何度となく受け、それにもめげず通いつめて取るのです。
このことを考えれば、冬は暖房、夏は冷房の中で作業をする我々フロント部隊は、電話の受付け応対というものを真剣に捉えて業務に励まなければいけないことがご理解いただけるのではないかと思います。
電話応対は会社の「顔」と云われるゆえんはここにあるのです。極言すれば、電話は会社の命でもあるのです。
お客様との信頼のコミュニケーションを築く電話を更に真剣にとらえ、皆さん自身を磨き上げていってください。  お客様に対し、明るい笑顔とハキハキとした応対で地道に真心を込めて行動していけば、お客様の方から「やっぱり○○はおたくだよね、色々と電話の対応もいいし…」、この一言が営業マンや商品を作る人達の心の支えと励みになるのです。
それを実現するために、このマニュアルを作りました。
内容を遵守し社内で必要と思われるルールをきっちりと身に付け一日も早く他社から絶賛される電話応対、クレーム処理を行い、お客様に信頼される従業員になって下さい。

                                       代表取締役 ○ ○







<<         >>

税理士試験・財務諸表論暗記学習